新型コロナ時代の法律相談・打合


Q 緊急事態宣言が解除されたのにまだ通常の相談・打合せ体制に戻っていないのですか?

A 法律事務所の法律相談・打合せは3密の典型です。マスクをしていても感染の恐れがあります。そこで適切な感染防止対策をする必要があります。

 多くの法律事務所では相談室にアクリル板パネルを導入していますが、気休めに過ぎません。

 当事務所では飛沫感染予防のために、従来の弁護士との対面の法律相談(打合)を事務所内オンライン対面相談(打合)にという形で実施しています。相談者・依頼者様は相談室でマスクを外してゆったりと相談・打合せをしてください。

 

Q 事務所内オンライン対面相談(打合)とはどういうことですか?

A 事務所内の二つの相談室にウェブ会議システムを導入してする安全な相談(打合)システムです。

 当事務所では事務所内の二つの相談室をオンラインカメラで結び、MicrosoftTeamsというセキュリティを重視したウェブ会議システムを導入しておりますので、ウェブ会議に慣れていない方でも事務所に来ていただければウェブ会議による相談(打合)が可能です。もちろん利用は無料です。お客様はこのシステムにより相談(打合)時の飛沫感染を一切心配する必要がありません。

 

Q 自宅からのオンライン相談(打合)に応じてくれないのですか?

A いいえ、相談者(依頼者)が関係書類をスキャナーやカメラで読み取りウェブ会議アプリ上にアップできるのであればご自宅にいたままで当事務所とウェブ会議をすることも可能です。

 MicrosoftTeamsCisco WebexZoomでお願いします。LINESkypeでも可です。これらの場合は本人確認のため写真付き身分証明書(運転免許証等)のウェブ会議アプリへのアップもお願いしています。

 

Q 電話相談(打合)には応じてくれないのですか?

A はい、当事務所では資料に基づいた確実な相談(打合)が必要と考えておりますので、お客様のお手持ち資料が確認できない電話相談はお断りしています。なお、受任して信頼関係が築かれた後であれば簡単な電話による打合には応じています。